歳をとると体型が崩れる理由

30歳ごろから体型が崩れてきたと感じる人が多いようです。
この原因は、主に基礎代謝の衰えです。
基礎代謝が衰えることで、女性ホルモンや成長ホルモンが分泌を阻害されていまいます。

それにより、体型が崩れてしまうという結果に繋がります。
特に30代も中ごろになると急激に女性ホルモンが失われ始めます。
そして太もも・腰回りの皮膚の下へと体脂肪が溜まっていくのです。

こうなってくると当然見た目の体型が崩れてきます。
運動をしない人はもう留まる事を知りません。
こういった年齢による体型の崩れを防いだり改善したりするには、適度な運動、規則正しい生活、適量でバランスのとれた食生活、これらが必須の条件となってきます。

若い頃のように使わなくなった筋肉をもう一度使うようにするのです。
基礎代謝をあげるには運動だけでは十分ではなく、しっかりとした食事と早寝・早起きなどの生活リズムを整えることが重要です。

なぜ体型が崩れたのだろうと悩んだら、今一度自分の20代の頃と現在の生活の仕方を見つめなおしてみましょう。
きっと理由が見つけられるはずです。

体形が崩れてもカーブスで引き締めできます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト求人情報サイト