慢性的な関節痛や腰痛は動かして治す

慢性的な関節痛や腰痛は動かして治すのが一番です。
関節痛や腰痛は動かすと余計に悪化するように思いますが、実はそうではないのです。

慢性的な関節痛や腰痛の痛みを解消するには、動かすことが一番なのです。
年をとるとつらくなるのが腰痛や関節の痛みで、痛みが強くなると、どうしても体の動きが小さくなり、体を動かすのが嫌になります。

しかし、放置するとますます体が硬くなり、痛みもひどくなっていきます。
そうした悪循環を繰り返さないよう、無理のないストレッチで動かすことです。

関節の痛みがなぜ起こるのかというと、ほとんどの場合、関節周囲の筋肉や腱がこわばってスムーズに動かなくなったことで起きています。

そうなると、注射や薬で痛みを抑えても、一時的なものでまたすぐに痛みが出てきます。
慢性的な関節痛や腰痛に対しては、ストレッチで関節の柔軟性を取り戻すのが一番効果的なのです。

腰痛が酷いと無意識のうちにそこをかばってしまいますが、そうすると関節周囲がますます硬くなって痛みが慢性化していきます。

腰の痛みが多少あってもストレッチをして動かす方がいいのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト求人情報サイト