動脈硬化を予防する

動脈硬化を予防するには、脂肪の摂り過ぎに注意して、食物繊維と豆類を十分に摂る必要があります。
豆類を積極的に摂ると良く、大豆タンパクは血清コレステロールを低下させる働ききがあります。

動脈硬化を予防するには、まず食べ過ぎないことです。
太ると脂質異常症になりやすいからです。
食事の中の脂肪の量と質を考える必要があり、脂肪が食事全体のカロリーの4分の1以上を占めないよう注意して食事を摂ります。

レステロールの摂り過ぎには注意し、食物繊維を十分に摂ることが大事で、特にペクチン、マンナンを含む食品を積極的に摂ることです。
そして、砂糖や果物を摂り過ぎないようにし、アルコールも適量を守るようにします。

1日ビール1本、日本酒1合程度に止めます。動脈硬化を予防するには、こうした食事に気を配ると同時に、適度な運動を習慣化することです。
運動でおすすめなのは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

大腿筋は体の中で一番大きな筋肉です。有酸素運動でこの筋肉を動かすと、酵素が働き始め、善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減るのです。

動脈硬化を予防できるカーブス

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト求人情報サイト