中高年の筋トレ法について

中高年の筋トレ法で大事なのは、あまり過度な重量物でトレーニングしないことです。
大きな負荷をかけすぎると、逆に筋肉を傷めることになります。

中高年が、カロリー消費の大きい白筋を増やすのに筋トレは最適なのですが、筋トレの強度を上手く調節する必要があります。

目安となる回数は、8回~12回くりかえすのが限界の強度のものを用いることです。
それ以上負荷が軽いと持久的な筋肉がつきます。

また、強度を高めすぎると瞬発的な性質を強めるだけになります。
負荷が極端に強い筋トレは、やりすぎると体を壊してしまったり、精神的につらくなるので注意しないといけません。

筋肉を壊して筋量を増やしても意味がないので、中高年の筋トレ法は、適度な回復の時間が必要になります。

また、注意しないといけないのは、筋トレで筋肉は鍛えられても、関節や軟骨、じん帯などは鍛えられないということです。

そのため、体を傷めないよう、慎重に筋トレを行う必要があります。
中高年の筋トレ法では、競技を目指すわけではないので、できるだけ少ない負荷で、通常の筋トレと同じ効果を出ようにしなければなりません。

30分フィットネスのカーブスって人気ありますよ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト求人情報サイト