カーブスストレッチの効果

スポーツジムやスポーツ系の習い事でも、運動する前には怪我防止や体の柔軟性を高めるためにストレッチをし体の骨や筋肉を解しますが、カーブスでおこなうストレッチは運動効果だけではなく、運動した後の疲労回復にも効果が出るように独自のメニューを取り入れています。

独自のストレッチメニューはアキレス腱のストレッチ、お尻と太ももを意識した足の裏側のストレッチ、太もものストレッチ、ももの内側のストレッチ、背中のストレッチ、腰のストレッチ、腕と胸と肩のストレッチ、腹斜筋と大胸筋を意識した胸と腕のストレッチ、肩のストレッチ、肩と二の腕のストレッチ、わきのストレッチ、腰からつま先までを意識した脚の裏側のストレッチの合計12種類おこないます。

最初は体の柔らかさにも個人差がありストレッチすら満足にできないと感じますが、ストレッチとはいえ通うたびに何度もおこなえば体の柔軟性を高め、体内が燃焼しやすいようにするだけではなく柔らかくなることで、年齢を重ねることで起こりがちな日常生活においての怪我防止、筋肉が硬いことでできない細かい動作ができるようになってゆきます。

また疲労回復の効果も期待することができますので、カーブスを通った次の日も疲れを感じることなく生活することができますので、カーブスのご利用の際にはストレッチもおこなって下さい。

ダイエットに効果的なカーブスストレッチ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト求人情報サイト